バンコク子連れオススメホテル滞在記~アナンタラ編~

アナンタラ隣接の超便利ショッピングモール「リバーサイドプラザ」のレストラン・ショップをご紹介 ​

投稿日:

「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート(Anantara Riverside Bangkok Resort)」の旅行記をご紹介しています。

特に子連れの旅行者にオススメのホテルです。今回は超便利な直結ショッピングモールである【リバーサイドプラザ編】です。

子供、特に比較的小さい子供がいるファミリーにおすすめのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

リバーサイドプラザとは?

「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート(Anantara Riverside Bangkok Resort)」は、観光大国タイの首都バンコクを代表するリゾート型ホテル。

「リゾートホテルなので、せっかくだからできるだけホテルでのんびり過ごしたい」と「アナンタラ」を選んだ人も多いと思います。

一方で、

「ホテルのレストランよりもっとリーズナブルに気軽に食事を楽しみたい」

「子供がホテルで飽きてしまったので近場に連れ出したい」

と思う方もいると思います。

そんな方にぴったりなのがこの超便利なホテル直結のショッピングモール「リバーサイドプラザ」です。

リバーサイドプラザへのアクセスは?

リバーサイドプラザはアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾートの目の前。

同じ敷地内にあります。

LB(ロビーフロア)にある渡り廊下で直接繋がっているので、雨が降っていても濡れずに行くことができます。

*ちなみにLBは日本でいうところの2階になります

この敷地内にはアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾートの他にアヴァニ・リバーサイド・バンコクというホテルもあるのですが、「アヴァニ」とショッピングモールが同じ建物内にあり、1階~3階部分がコンパクトなショッピングモールがとなっています。

文字が小さく見にくいですが「黒い建物がリバーサイドプラザで、茶色い建物がアナンタラです。

リバーサイドプラザでリーズナブルでおいしい食事を

リバーサイドプラザには各種レストランが入っています。

レストランによって価格差はありますが、ホテルのレストランよりも値段も安くリーズナブル。

日本食が食べられるお店もあります

日本の定食屋でおなじみのやよい軒

ステーキ・シーフードのSizzler

ピザやパスタが食べられるイタリアン

一階のコンビニのよこにあるタイレストラン「BASIL」

 

この他にもまだ複数のレストランが入っています。

24時間営業のコンビニが便利

1階には24時間営業のセブンイレブンがあるので超便利です。

ビール・お酒・おつまみ・お菓子・アイスクリーム・軽食などなんでも揃います。

シンハー・チャーンなど、タイビールももちろんありますので、部屋でお酒を飲む時にサクッと買いに来るのもいいでしょう。

24時間営業、そしてセブンイレブンがあるのは、大通りから逆サイドのホテル側になりますので、夜中に女性だけで買い物をするのも安全です。

ホテルの宿泊客と思われる人でいつも賑わっています

セブンイレブンのすぐ眼の前がホテル。すべてホテルの敷地内なので安心。

 

スタバ・ミスドなどおなじみのカフェも充実

スタ―バックスも安定のクオリティですが、個人的にはミスドのタピオカミルクティがおすすめです。

日本だとタピオカミルクティはなぜか結構いい値段がしますが、タイでは約100円で買うことができてとてもリーズナブル。

ちなみにタピオカミルクティは、「バブリーミルクティ(Bubbly Milk Tea)」です。

暑い気候と、タピオカミルクティはいつ飲んでもバッチリ合います。

タピオカミルクティーは35バーツとリーズナブル

 

生活用品の調達に便利な2階エリア

二階エリアはちょっとした生活用品の調達に便利なエリアです。

ドラッグストア

ドラッグストアもありますので、日焼け止め・薬などを安価で購入することが可能です。

 

ダイソー(タイバージョン)

また日本でお馴染みのダイソーもありますので、ちょっとした子供のおもちゃなども購入できて便利です。

ちなみにダイソーは日本だと100円ショップですが、こちらだと60バーツ(約210円)ショップとなっており、品揃えも全く異なるのでフラっと立ち寄るだけでも結構楽しめます。

日本のダイソーと同じくちょっとしたおもちゃが買えるので、タイに来たときは途中でここに来て幼児向けのおもちゃを買いに来ています。

そんなに旅行にはおもちゃを持ってこれないと思いますので、子供がおもちゃに飽きたときにはなかなか便利。

また我が家では泡立ちのよいスポンジタオルを持ってき忘れたのでこちらで調達しました。

▼関連記事

子連れは事前に対策を!アナンタラバンコクリバーサイドリゾートに泊まる前に知っておきたいこと ​

タイのバンコクエリアで子連れにおすすめのプール付きホテル「アナンタラ」に宿泊した旅行記を公開していますが、注意点・事前に対策をしておいた方がいいこともあると思いましたので紹介します。 ということで、今 ...

続きを見る

ホテルのプールで使えるゴーグルなども売っています。

水着・浮き輪ショップ

ダイソーの目の前には、プール用品を売っているお店がありました。

水着・ラッシュガード・浮き輪・アームリング(子供用の腕輪型の浮き輪)などが売っています。

「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート」は、バンコクのホテルプールランキングで上位常連の有名なプールです。

▼関連記事

アナンタラバンコク・リバーサイドリゾートの子連れオススメプール
【徹底解剖】バンコク子連れおすすめプール付きホテル|アナンタラバンコクリバーサイドリゾートのプールの魅力をご紹介

タイの首都バンコクはアジア屈指の観光地です。 私は海外旅行が趣味なので、子供も連れて何度かタイにも訪れています。 今回は子連れの旅行者に是非オススメしたいホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リ ...

続きを見る

バンコクのプールでは、浮き輪禁止のホテルも多いですが、アナンタラては使用OK。

ホテルのプールでも浮き輪は売っていますが当然割高ですのでこちらで調達するのもいいでしょう。

 

両替所

ダイソーの隣には両替所があります。

ホテルで両替するとレートは悪いのでこちらの両替所で両替するとよいと思います。

市中のベストレートとも遜色ないと評判の空港にある両替所「Value+」と全く同じ金額でしたので、そこそこ良いレートが期待できるのではないでしょうか。

▼関連記事

バンコク空港からホテルまでのタクシーの乗り方・料金|アナンタラバンコクリバーサイドリゾートへはタクシー利用がおすすめ ​

個人でアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾートに向かうときの、スワンナプーム国際空港への行き方をまとめました。 他にもいくつかの記事でアナンタラの滞在記録を旅行記として公開していますので、興味があ ...

続きを見る

 

子連れが楽しめるキッズパークエリア

3階には子供を遊ばせられるエリアがあります。

ややガランとしている感は否めませんが、日本とは違う楽しみ方ができるので魅力的です。

ちなみに、アナンタラにも小さなキッズルームがあります。

詳細はこちらをご覧ください。

▼関連記事

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート ​
バンコク子連れ旅行!最高のおすすめホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート」を選ぶ9つの理由

「アナンタラ」の魅力とは? 私は仕事でもプライベートでも海外に行くのが好きなのですが、子供が出来てからはなかなか選択肢が狭まるものです。 特に子供が小さいうちはフットーク軽く動きづらいこともあるので、 ...

続きを見る

 

キッズパークエリア

日本にもあるような時間課金型のキッズエリアもあります。

こちらの遊び場も良くも悪くもいい意味で荒削りなので、子どもたちは楽しそうに遊んでいました。

絶対許可を取っていないミニーちゃんらしきもの

クッションマット滑り台が充実しています

ボールプールにはなぜかバランスボールも投入されています^^;

トランポリンも3つありました

1人あたり40分で60バーツ(210円)です。

 

乗り物おもちゃコーナー

日本でもお馴染みのコインを入れて2~3分楽しめる乗り物のおもちゃです。

こちらは大体、10~20バーツ(約35円~70円)となっていました。

最初は、タイ語しか書かれていないので全然読めなくて考え込んでいたら、近くにいたタイ人のママが「その乗り物は20バーツ、あそこにいるおじさんが両替してくれるわよ」と教えてくれました。

料替マシンはおいていなくて、両替おじさんがいるのが面白い。

 

アトラクション乗り物コーナー

馬の乗り物、車の乗り物に10分/50バーツ(約175円)で乗ることができます。

このおもちゃの面白いところは、乗る場所が普通にショッピングモールの通路だという点。

この3階は結構空いているからできるのかもしれませんが、日本だったらまずショッピングモールが許可してくれないでしょう。

ただ、3階はあまり店舗もなく通路は空いているので、操作に慣れていない子供にも安心して運転させることができます。

ちなみに、車の乗り物はなかなかのすぐれもので、子供が自分でハンドル操作もできるし、大人が後ろからラジコンのように操作もできるので安心です。

セグウェイにも乗ることのできるエリアがありました。

日本では見たことがないようなこんなロデオマシンもあります。

大人は150バーツ、子供は100バーツです。

 

ペイントアートコーナー

机と椅子がいっぱいおいてあるエリアではタイ人の家族がペイントをしていました。

タイではポピュラーなのかわかりませんが、ペイント専用のオブジェを買って塗り絵感覚で自分でペイントをすることができるようです。

ちなみに、「アナンタラ」内に「エレファントパレード」という素敵な象のオブジェが売っているショップがあるのですが、こちらにも同じような真っ白な象にペイントできるセットが売っていました。

▼関連記事

エレンファント・パレードとは
「エレファント・パレード」の唯一無二の象のデザインオブジェがおしゃれバンコク土産におすすめ ​

海外旅行好きの私が、バンコクの子連れおすすめプール付きホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート(Anantara Riverside Bangkok Resort)」の旅行記をご紹介してい ...

続きを見る

 

タイのお土産が買いたいなら

リバーサイドプラザはコンパクトなショッピングモールで便利なのですが、足りないものもあります。

それがお土産屋といわゆる「観光地っぽい雰囲気」です。

リバーサイドプラザは、いわゆる近代的なショッピングモールなので、確かに清潔で快適。

ただ、東南アジアのマーケットっぽいごちゃごちゃした感じのお土産屋や屋台のようなものはありません。

そういった雰囲気を求めるのであれば、オープン型のエアモール・マーケットの「アジアティーク(Asiatique The Riverfront」」がおすすめです。

ホテル「アナンタラ」からは、無料のシャトルボートに乗って行くことが可能です。

詳細はこちらの記事にまとめてありますので、是非ご覧ください。

▼関連記事

バンコク「アジアティーク」でお土産探索!水上ボートも無料で乗れて観光におすすめ ​

アジア有数の観光大国のタイの首都バンコク。 海外旅行が趣味である私がおすすめする、子連れに最適なプール付きのホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート(Anantara Riverside  ...

続きを見る

おわりに

私たちはリゾート型ホテルに滞在する時は、基本ホテルから外出せずにホテル内でのんびり過ごすことが多いのですが、さすがにこのリバーサイドプラザは便利すぎて毎日出かけていました。

まあ同じ敷地内にありますので、そもそもホテルから出かけているという感覚もあまりないのが正直なところですが、このショッピングモールがあるおかげで、ホテルでの生活もより快適なものになること間違いなしです。

(おわり)

-バンコク子連れオススメホテル滞在記~アナンタラ編~

Copyright© Gori-Lifehack , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.