子持ちでエクストレイル

【2018】スマホ車載ホルダーの選び方/オススメをご紹介!

投稿日:2018-01-18 更新日:

車載スマホホルダーおすすめ

私の車のカーナビは古くて使いづらいなと常々思っていましたのですが、よくよく考えたら、iPhoneをカーナビに使えばいいのでは?ということに今更ながら気が付きました。

善は急げということで、早速、スマホの車載ホルダー購入して取り付けてみました。

いざ使ってみると、もう普通のカーナビには戻れないくらい使い勝手がよかったので、今回は購入検討プロセスも含めてシェアしていきたいと思います。

これから買おうとしている方の選び方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

スマホホルダーの種類について

そもそも車に取り付けるタイプのスマホスタンドにどんな種類があるのかわからなかったので、まずはその種類を調べることからスタートです。

吸盤タイプ

<特徴>

・ダッシュボードに吸盤で固定するタイプ。

・人気ランキングとかでも上位にくることが多い。

・ホールド力が高いという評判多い。

 

ドリンクホルダー固定タイプ

<特徴>

・ドリンクホルダーに差し込むだけなので設置が容易

・ドリンクホルダーの場所が重要で、設置場所が限定される

・最大の課題として、ホールド力が弱く安定性に不安あり

 

エアコン設置タイプ

<特徴>

・エアコンの送風口に取り付けが容易

・エアコンの送風口はどの車種も似たような場所にあり、比較的いいポジションにつけられる可能性が高い

・ホールド力にやや不安があるとの口コミ有り

・また、エアコンの送風口を一つ潰すことになるのがネック

 

マグネットタイプ

<特徴>

・スマホ背面やスマホケースとの間に専用のメタルプレートを設置して専用マグネットで固定する

・マグネット自体が小型なので見た目もスマート

・磁石を使用することで、ホールド力は高い

・スマホ側にメタルプレートが必要な上、専用マグネットは車内に両面テープで固定が必要な点がマイナス

 

すべり止めマットタイプ

<特徴>

・すべり止めマットを置くだけなので設置が簡単

・当然ながらホールド力に不安あり

 

意外と種類がありますね。それぞれのタイプにそれなりに人気のありそうな商品もあるようです。

一応、それぞれの種類の中で人気の高い商品を厳選してリンクを貼っていますので参考にしていただければと思います。

ここまでざっと見てみると、なんとなくホールド力の高さと人気の高さで吸盤タイプが良さそう、という感想を持ちました。

 

車載スマホスタンドの選び方のポイントは?

私は比較検討をして、自分に合っていると思う商品を納得して買うということが好きなのですが、今回は種類も多く選び甲斐があります。

こういうときは、どのタイプを買うかを具体的に考える前に、自分の判断基準を明確化することが重要なポイントです。

いろいろ検討してみた結果、優先度の高い順に下記のように「スマホスタンドを選ぶポイント(条件)」を整理しました。

 

(1)車を傷つけたくない(変な跡をつけたくない)

自分にとってこれは最も重要な条件です。

吸盤タイプにしようかなと商品のレビューを見ていてすごく気になったのが、吸盤が強烈過ぎて跡がついたり、場合によっては吸い付きが強すぎてダッシュボードが変形したり・・・といった書き込みが結構多かったこと。

確かに吸盤タイプは結構人気が高そうなのですが、評判のよい書き込みも設置直後のホールド力の高さに浮かれているだけで、数ヶ月後に取り外したときに後悔するというようなことがあるのでは?と推測しました。

この時点で吸盤タイプは除外が決定的になりました。

 

(2)固定力を重視する

そしてもちろんですが、固定力は大事です。

走行中に落ちるのは論外として、揺れると画面も見にくいのはもちろん、ガタガタ音がなって気になるなんてレビューがある商品もありました。

こうなるとすべり止めマットタイプ・ドリンクホルダータイプも脱落

通常のエアコン設置型タイプも△といったところでしょうか。

 

(3)できるだけ高い位置にとりつけたい

これも非常に重要です。

実はそもそもカーナビの位置に不満を持っていました

視点移動の際に首が動く形になるので、視線を外す必要があるため安全性に問題があると常々思ってました。

実際に最近だとヘッドマウントディスプレイタイプなども出てきていますね。

マツダのCX-5に乗ったことがあるのですが、こちらは非常に見やすかったです。

さすがにヘッドマウントにはできないですが、できるだけ高い位置に取り付けて安全なドライブをしたい、これは結構重要な基準です。

 

最終的に買ったスマホスタンドは?

Eco Ride World スマホ ホルダー エアコン 吹き出し口 取付タイプ 安全バンドゴム付き is_071

という車載スマホホルダーを実際にAmazon で購入しました。

 

こちらが実際に買った商品です(取り付け前)

スマホ車載ホルダー(エアコン用)

実際に購入したスマートフォンホルダー

先程整理した、3つの選ぶポイントに沿ってチェックしてみます。

 

(1)車を傷つけたくない(変な跡をつけたくない)

まずは、最も重要な条件からチェックです。

このタイプはエアコンに取り付けるだけなので合格。

エアコンの送風口にも傷がつくようなことはありません。

車載スマホスタンドはエアコンに固定します

このフックをエアコンの吹き出し口に固定します

 

(2)固定力を重視する

エアコン設置タイプは固定力に難ありかと思い、当初は選択肢から外しかけていましたが、こちらの商品はなんとエアコン取り付けのフックにプラスして固定するための足が付いていたんです

実はこれが、決め手となりました。

実際に使用していますが、ホールド力に問題は全くありません

スマホをエアコンに固定

フックだけでなく固定具(足場)があるので固定力もGOOD

エアコンにホルダーを固定

多少の段差でもバッチリ固定

エアコン設置タイプはいろいろありますが、実はフックだけで固定しているものがほとんどです。

これはフックの他に足がついています。

私のエアコンはやや幅狭なので足場が悪いかと心配しましたが、異なる高さにも対応できるのでバッチリ固定できました。

 

(2018年3月16日追記)

購入してから数ヶ月立ちましたが、落ちることはもちろん、ガタツキも一切なく非常に満足度が高く使用できています。

 

(3)できるだけ高い位置にとりつけたい

マグネットタイプも並行して検討していたのですが、エアコンタイプの方が高い位置に取付可能でした。

またマグネットタイプは、iPhone側にもメタルプレートをつけなくてはいけないという煩わしさも却下する要因となりました。

下の写真をご覧頂ければわかると思いますが、通常のカーナビよりも高い位置に取り付けることができています

視線移動も少なく、非常に満足しています。

 

↓↓取り付けたところはこんな感じ↓↓

スマホを車のエアコンに取り付け

カーナビ横のエアコンに設置

車載スマホホルダー

通常のカーナビより位置が高く見やすいです

ちなみに、裏面には角度を好きな角度に変えることの出来るボール型のコネクタがついているので、ドライバーに合わせて微妙な角度調整も容易に行うことが可能です。

スマートフォンを自動車のカーナビとして使う

裏側のコネクタが可動。カーナビも見やすい角度に調整可能

車用のスマホスタンドは角度も自由自在

コネクタは球状になっているので角度が自由自在。

 

実際に使ってみた感想

スマホホルダーの満足度は上記に書いたとおり大満足なのですが、そもそもスマホをカーナビとして使うということが便利すぎる!!というのが率直な感想です。

スマホのカーナビはYahooカーナビを使っていますが、何が便利って超扱いやすいんですよね。

まず入力ですが、目的地設定の時のテキスト入力のスピードが圧倒的にスマホの方が速いです。これはまあ当然の結果でしょう。

あと、もう一つ決定的なのが、もう少し先の道路状況を見たいときの操作性。

カーナビだと画面の上の方を指でぐいっと長押ししてジリジリ地図が動くと思うのですが、スマホだと皆さんおなじみのピンチアウト(指を広げる操作)で一発です。

一回、スマホを使ってしまうともう普通のカーナビに戻れませんね。

※というか、普通のカーナビが超使いづらいなということに気付かされました。というか何年前で進化止まっているんだろう・・・という印象ですね。

 

まとめ

選んだ基準のおさらい

・車は傷つけたくない

・グラグラしない固定力がほしい

・高い位置に取り付けて安全にドライブしたい

上記のような私の判断基準に近い方にはこちらの商品はおすすめです。

私は主にカーナビ用にしか使っていませんが、音楽好きな人にとっては音楽プレイヤーとして使うこともできるので本当におすすめです。

通信量はそんなに気にならないですが、電池はそれなりに消費するので合わせて電源の確保は検討したほうがいいですね。

それにしても、スマホのカーナビ便利すぎです。

(おわり)

-子持ちでエクストレイル

Copyright© サラリーマンライフハック!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.