初心者おすすめ株主優待

【株主優待】初心者にもおすすめの人気の株主優待!オリエンタルランド(ディズニーランド&ディズニーシー)を紹介(3月)

投稿日:2017-12-05 更新日:

 

今回紹介するのは国内最強のテーマパークである
東京ディズニーランド/ディズニーシーを運営するオリエンタルランドです。

オリエンタルランドの株主優待も昔から有名です。
昔に買っておけば・・・と最も後悔する銘柄の一つ。
それぐらい株価は絶好調です、

東京近郊に住んでいる方であれば年に1回くらい行くという方は結構いるんじゃないでしょうか。
私の場合は子供がいるのでよく行きますし、元々「Disney」というコンテンツが好きだったので、
昔からよく行っていました。

そんな方には是非オススメの銘柄です。

 

オリエンタルランドの株主優待基本情報【2017/12/5時点】

 

オリエンタルランド(4661)

【株価】10,225円
【最小購入数】100株
【必要資金】 102万2,500円
【配当利回り】 0.39%(予想配当:40円)
【配当&優待利回り】1.11% (配当4000円+優待券7400円相当)
【優待確定月】3月末、9月末(100株所有の場合は3月末の1回のみ)
【優待内容】
 東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで利用できる1日パスポート券

 ・100株 :3月に1枚(年間1枚)
 ・400株 :半年ごとに1枚(年間2枚)
 ・800株 : 半年ごとに2枚(年間4枚)
 ・1200株: 半年ごとに3枚(年間6枚)
 ・2000株 : 半年ごとに5枚(年間10枚)
 ・2400株 :半年ごとに6枚(年間12枚)

さらに!
東京ディズニーリゾート40周年を記念した長期保有特典というものがあります。

長期保有特典について

■対象
2018年9月30日から2023年9月30日までの全ての基準日(9月30日および3月31日)において
同一株主番号で当社株式を100株以上保有されている株主

■配布枚数(1日パスポート券)
4枚(所有株式数問わず)

■配布時期
2023年12月(予定)

要するに、来年2018年9月末から5年間保有し続けると、
追加で4枚チケットがもらえる、ということです。

それまでには是非購入を検討したいところです。

 

お金に余裕のある人は奥さんの口座でも

 

株主優待の多くは、最小売買単位である100株でもらえることが多いです。
そして、オリエンタルランドも含めて多くの銘柄が、
200株をもっても特に株主優待が増えないことが多いという事実に注目です。
(オリエンタルランドは400株持つとチケットが年間2枚になる)

つまり、株主優待目線で言うと、100株以上の所有は効率が悪い状態です。
ただし、この所有は個人単位の話なので、
奥さんの口座でもう100株持つと、こちらでは優待チケットが手に入ります。

つまり、自分ひとりで所有する場合は400株持たないと年間2枚のチケットが手に入りませんが、
自分の口座で100株、奥さんの口座で100株=夫婦二人合わせて200株所有をすると、
年間2枚のチケットを入手することが可能です。

これから株式投資される方は奥さんの口座も合わせて作っておくことをおすすめします。
もちろん作るだけなら無料です。管理手数料なんかもありません。

 

高すぎる!いつ買ったらいいのか?

 

わかりません(そりゃそうだ)

私は過去保有して何度か売り買いしている銘柄になるのですが。
直近は買ったときは6300円くらいでしたので、現状約40万円の含み益をもっています。
(パークチケット換算で約55枚分ですね)

でも、今私は売る予定はありません。
これは私の投資スタンスが変わったことが理由でもありますが、
基本的に中長期的にはさらに上がると思っているからに他なりません。

短期的には、株価が下がった場合は、
むしろ妻の株式口座で追加購入を検討しているくらいです。

 

東京ディズニーリゾートが最強だと思う理由

 

実は私自身が結構なDisney好きでして、
コンテンツ的にもビジネス的にもかなり注目しています。

私から見た、ホットなトピックをいくつかご紹介します。

ディズニーが最強だと思う所以はたくさんあり過ぎてかけないのですが、
オリエンタルランド(日本のDisneyテーマパーク)に関係することだけ述べていきます。

 

① 開発計画の目玉である『美女と野獣』が激アツ
  
 →実写版の興行収入は125億円特大ヒット

 

② 東京ディズニリゾートが敷地を3割拡張へ

 →さらなる拡張計画が発表されました

 

③ アナと雪の女王がまだエリアとして存在しない

 →エリアを作るだけでものすごい集客が期待できます

 

④ ズートピアがまだエリアとして存在しない

 →他にも有る中で、あえて私が注目したいのがズートピアです。
  ズートピアは豊富なキャラクターがいるので
  マネタイズしやすいです、コンテンツ。
  ファンでないと数ある映画の一つかもしれないが、
  興行収入76億円の特大ヒットタイトルだということは注目です。

 

⑤ スターウォーズが激アツ
  
 →マーベルはディズニーリゾートにそこまで進出させる気なのかわかりませんが、
  スターウォーズに関してはしれっと盛大にすでにリゾート内で展開されています。
  いわずもがな、超弩級のコンテンツですので、今後の展開に期待大です。

 

まとめ

 

オリエンタルランドを紹介しようと先週書きかけたときは、
9600円くらいだった株価がこの一週間でさらに上がってしまい
なかなか手が出しづらい金額になってしまいました。

金融のプロではないので(プロでも当てられないですが)
今後株価がどうなるかわかりません。

ただ、ディズーファンとしてはオリエンタルランドの発展は
かなり硬いと言わざるを得ません。

私はいま所有している株式に関しては中長期的にキープしつつ、
外部要因(経済全体の低迷)などで、価格が下落した場合は、
妻名義の口座買い足しをしようと思っています。

(おわり)

-初心者おすすめ株主優待

Copyright© サラリーマンライフハック!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.